親が子に教えよう!お金と資産形成の世界☆

熊本県菊池郡某所に住んでる妻子持ちのサラリーマンです。投資信託による国際分散投資をしてます。難しい事は分かりませんが、初心者&入門者や、資産形成を気にすらしていない人達の役に立てそうな、等身大での資産形成ブログを目指して行きたいです

eMAXIS Slim新興国株がリリース! たわら新興国インデックスファンドの死亡確定・・・

f:id:kishiyan_y:20170715082459p:plain

 

eMAXIS Slimシリーズから、新興国株式インデックスが登場します。

 

なんと驚きなのはその信託報酬 0.34%(税抜き)!

たわら新興国株式インデックスが0.49%なので、ぶっちぎりで安い

新興国インデックスの登場となります。

 

eMAXIS Slimシリーズの特徴は、業界最低水準の運用コストを「機動的に」

将来に渡って目指し続けるとあります。

 

つまり、他社が0.1%でも安くすると、それに追従するって意味な訳で、

eMAXIS Slimのコストが同率一位で一番安いって事になりますので、eMAXIS Slimの

インデックスファンドを買っておけば、信託報酬観点では間違い無しです。

 

ちょっと意外だったのがこのeMAXIS Slimシリーズですが、ベンチマーク

同じ資産クラスでの信託報酬で対抗してくると思ってたのですが、

違うようですね。

 

具体例で言いますと

・手数料無料ニッセイ先進国株式のベンチマークMSCIコクサイ

eMAXIS Slim先進国株式のベンチマークMSCIコクサイ

 

手数料無料ニッセイTOPIXインデックスファンドのベンチマークTOPIX

eMAXIS Slim国内株式のベンチマークTOPIX

 

では新興国株式でいうと、先日まで信託報酬最安値はiFree新興国株の0.34%でした。

IFree新興国株とのベンチマークを比較すると

 

・iFree新興国:FTSE RAFI エマージング インデックス

eMAXIS Slim新興国MSCIエマージング・マーケット

 

詳しくは先日書いたこちらの記事を参照して頂くとして、双方のベンチマーク

異なるものの、eMAXIS Slimは「資産クラス最安値」を目指すコンセプトは

ベンチマークなんざ関係ないって意思が伝わってきます。

 

そして たわら新興国株式の死亡確定する理由としては、eMAXIS Slimが発売された時

最前線戦場である先進国株式クラスでの信託報酬値下げを、「たわら」のみやらずに

資金流入eMAXIS Slim&ニッセイシリーズに対して、明らかに低下しております。

 

eMAXIS Slimが出て焦ったニッセイは、信託報酬の値下げをして、eMAXIS Slimと

同率にする事で「世の中に対して コスト勝負します」とニッセイは間接的にでも

宣言しましたが、実質コスト王者のたわらはそれに走らなかった訳です。

 

とは言っても私の様にブログ書いてるマニアクラスは別として、実質コストを

気にしない人にとっては、売り場で載ってる最安値金額が最安値と思う為、

買い手はそちらに走るのは当然です。

 

<結論>

と言う訳で、たわらは値下げしない可能性大な為、本日をもって たわらでの

新興国クラスの積立設定を解除して、eMAXIS Slim新興国の応募開始となる

7月末からこちらで積立開始をします。

 

もし既に たわら新興国株式で多大な積立額になってて、今更最初からってのが

辛い人は、2018年から始まる積立NISAでの新興国株式クラスを、この

eMAXIS Slim新興国にすれば言いと思います

 

 

 

↓↓ブログランキングの投票ボタンです。良ければ、ボタンをクリックしてもらえると嬉しいです☆ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村